ミキモト パールアクセサリー買取ました

パールアクセサリーといえばミキモトを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はミキモトのMのチャームが付いたパールネックレスをお買い取りいたしました。
約6mmのアコヤ真珠を贅沢にふんだんに使ったパールネックレスで、ミキモトの「M」チャームがワンポイントとなっています。

ミキモト(MIKIMOTO)の創業者、御木本幸吉は世界中のパール業界の中で最も有名な人物と言っても過言ではないくらいの偉業を成し遂げました。
それが、真珠の養殖です。昔から真珠は自然が生み出す偶然と奇跡の産物で、1000個もの貝の中に1個あるかないかという超貴重品でした。その希少性だけではなく、自然が生み出す奇跡の輝き、鉱物では決して得られない柔らかく温かさすら感じるような輝きに取りつかれた御木本幸吉は、これほどまでに女性らしさを際立たせるものは真珠の他には無いとして、世界中の女性たちを真珠で飾りたいという壮大な夢を抱くようになります。

真珠の美しさの虜となった御木本は、途方もないチャレンジに挑戦します。
それが真珠の養殖です。真珠は世界でも人気の高い宝石でしたので、何人もの人が養殖を試みては挫折を繰り返してきました。それほど養殖が難しく、天然の真珠の価値は上がる一方だった最中、御木本は1893年、ついに世界で初めて半円真珠の養殖に成功します。
そして真円真珠、黒蝶真珠、白蝶真珠、と次々と養殖を成功させていきます。

日本から海を渡り御木本の養殖真珠はやがて世界を席巻していきます。
養殖真珠の質の高さはなんといっても、その大きさと形の美しさにあります。天然真珠にはバラつきがあり、質の良し悪しにかなりの差が出ます。養殖で最適な環境で育てられた真珠は高品質で、まさにジュエリーに用いるために生み出されたと言える美しさを持ちます。

そんな世界のレジェンド、御木本が立ち上げたジュエリーブランド「ミキモト(MIKIMOTO)」のパールネックレスは、世界最高峰のパールネックレスのひとつです。
日本で養殖される真珠貝の代表格であるアコヤ貝から獲れた真珠は、気品を感じさせるたおやかでまろやかな光沢が特徴的で、女性の美しさを際立たせるには素晴らしい効果を発揮します。6mmという大きさは大きすぎず小さすぎず丁度良いサイズ感で、スタンダードな丸形の真珠が連なるタイプのネックレスです。
冠婚葬祭の各場面でも、華やかなパーティーでも、ちょっとお洒落して出かけるディナーシーンなどでも使える一級品で、どんなファッションにも合わせやすいのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です