コレクションにぜひ加えたい!パイロット蒔絵万年筆般若心経

パイロットは、世界のセレブたちが愛用している最高級文具ブランド。滑らかな書き心地がクセになるお気に入りの万年筆に出会えると、一生モノとして使うことができます。

パイロットから新しく登場した漆仕上げの蒔絵万年筆般若心経は、パイロットが美しさにこだわり抜いた美しさ。仏教の写経でも使われる般若心経の全文を、万年筆の本体からキャップの全体に施されており、日本のみならず、外国のパイロットファンからも注目されている1本です。

永遠のしるしに。ティファニーのリングを選びたい理由

ニューヨークに本店を構えるティファニーは、世界中の女性たちが憧れるアメリカのジュエリーブランド。「永遠に輝きを失わないティファニーのジュエリーをいつかは・・・」と願う女性は多いでしょう。白いリボンがかけられたブルーのティファニーボックスを見ただけで気分も上がりますよね。

洗練されたシンプルなデザインのティファニーリングは、ウェディングリングやペアリングとしてもおすすめ。さりげなくティファニーの刻印がさりげなく周囲の視線を集めますよ。

【ディオールのアイコン】時を超えてもレディに愛さ続けるカナージュの存在感

 

私が初めて自分で購入したバッグが、ディオールのアイコンバック「レディ・ディオール」でした。パーティー用に小さなサイズを購入したのですが、年齢を重ねた今も大切な外出の時に使うバッグです。施されたカナージュが上品で、時代を感じさせることはありません。

レディーディオールは、かつてイギリスの故ダイアナ妃が愛用していたバッグでもあり、社交界の華と称されたデヴィ夫人も愛用者のひとりとして知られています。世界のセレブが愛するディオールのバッグは、ぜひひとつは持っておきたいですね。

気品ある定番ライン「マカダム」の買取価格が上昇中!セリーヌのボストンバッグが眠っていませんか?

長年のセリーヌファンにはおなじみの、マカダムライン。現在はファービーなどのデザイン性のあるバッグが主力となっているので、昔からブランドシグネチャーとして定番となってきたマカダムラインが少しずつ少なくなってきます。

そのため、ブラウンベースにブラゾン柄を全面に施したバッグは、いまやヴィンテージアイテムとして注目されています。家に眠ったままのセリーヌのマカダムラインのボストンバッグはありませんか?今なら定価以上の買取価格が付くこともあります。

【コーチ】長く使うなら無地のレザーバッグを!高級感あるコーチのバッグは最強の通勤バッグ

キズが付きにくいヌバックに肩にフィットするしなやかなハンドル、デイリーに持ち歩きたい小物が入るすっぽり収納力。Cマークのシグネチャーが入っていない無地のレザーバッグは、通勤バッグとして長く使えるだけでなく、実用性にもとても優れています。

使えば使うほどにレザーが柔らかくなり、レザーの味わいが出てくるのもコーチの魅力でしょう。コーチのバッグの魅力はその品質だけでなく、ハイブランドとして人気があるにもかかわらず手頃な価格帯であること。ブランドバッグの入門バッグとして選ばれているのも納得ですよね。

気軽にデイリー使い!コーチのシグネチャートートバッグ

コーチに爆発的人気を浸透させたラインこそ、Cマークでおなじみのシグネチャーライン。ブランド初心者をはじめ、幅広い年代から愛されています。

元来、コーチは「アクセシブル・ラグジュアリー」というコンセプトで始まったブランドで、比較的手頃な価格帯が魅力。主に女性の間で絶大な人気となっていますが、男性がさりげなくブラックのシグネチャーを愛用している姿も素敵です。その日のコーディネートに合わせて使い分けることができる2WAYバッグは、デイリーにぜひ使いたいバッグです!

旅行にぜひ持って行きたい!グッチのボストンバッグ

週末やちょっとだけ長い休みがある時に、フラリと旅行に出かけたくなる時ってありませんか?そんな時に役に立つのが、お気に入りのボストンバッグ。一流ホテルやちょっとオシャレな旅館などに荷物を預けても恥ずかくないボストンバッグを持って行きたいですよね。

グッチのボストンバッグなら旅行先でも大切に扱ってもらえるので、安心して荷物を預けることができます。また、一目でグッチと分かるブランド力を持つGGキャンパスのボストンバッグなら旅行気分も上がりますよ!

【グッチのショルダーバッグ】シンプルファッションがワンランク上のオシャレに変える魔法

グッチのシグネチャーラインとして絶大な人気を誇るGGパターンは、グッチのなかでも多彩なバリエーションをもつパターンです。グッチの数あるラインのなかでも、もっとも身近に感じるラインのひとつでしょう。

シンプルなファッションにグッチのショルダーバッグをプラスするだけでどこかワンランク上のオシャレに見えてしまうほどのグッチならではの魔法があります。デイリーでさりげなく愛用したいバッグブランドですね。

【グッチのシェリーライン】オールドグッチのなかでもダントツ人気の伝説ライン

毎シーズン新作が次々と発表しているグッチですが、近年は昔懐かしいオールドグッチが注目されています。グリーン、レッド、グリーンのストライプが特徴のシェリーラインは、1950年代に誕生したオールドグッチの代表ライン。現在のウェブラインの原型と言ってもよいでしょう。

グッチの歴史を感じる代表的なシェリーラインはすでに廃盤となっているため、グッチファンの間では「伝説のライン」となっています。状態の良いシェリーラインを見つけたらぜひ手に入れたいラインではないでしょうか?

カルティエのシンプルなジュエリーはいかが?愛する人から贈られてみたいジュエリーブランド

トリニティコレクションやラブコレクションなど「永遠の愛」をテーマにコレクションを展開する、カルティエ。エンゲージリングやウェディングリングとして贈られてみたい、憧れのジュエリーブランドですよね。

カルティエのジュエリーコレクションは長く愛され続ける定番のものが多く、流行に左右されない独自の世界観が特徴。シンプルなデザインのリングは重ね付けもできるので、シーンに合わせてさまざまな組み合わせで楽しめるのが素敵です。