TIFFANY & Co. ティファニー パロマ・ピカソ ラビングハート ブレスレット ミディアム 750 K18YG をお買取り致しました

『TIFFANY & Co.』が誇るデザイナー、パロマ・ピカソが手掛けたラビングハートのブレスレットをお買取りいたしました。

イエローゴールドの輝きが華やかさと美しさを演出するミディアムサイズのブレスレットです。クロスしたハートマークに遊び心が感じられ、キュートでありながら甘すぎない洗練されたデザインが特徴です。

 

パロマ・ピカソは、かの有名な世界的画家パブロ・ピカソの娘であり、母親も画家のフランソワ・ジローという芸術家の間に生まれました。

アートの国フランスで育ち、芸術的センスが磨かれていきましたが、画家になるつもりはなかったそうです。母親の画家としての活躍を間近に見ていたパロマは「自分は画家には向かない」と思っていたようで、母親から「14歳になっても描き続けられれば画家になれる」と言われたことで、14歳になるといたずら書きをやめたという逸話が残っています。

 

そんなパロマは画家ではなくデザイナーとしての人生を切り拓いていきます。

1980年代にニューヨークで巻き起こったアートと文化の流れを体現したパロマのセンスと芸術性が注目され、ティファニーに招かれジュエリーデザイナーとして才能を開花させていきます。

 

パロマのデザインには「パロマ・グラフィティ」という、彼女自身が直筆で書いた文字や線を用いたシリーズがあり、「Love」や「Kiss」といった言葉にダイヤモンドをあしらったネックレスや、矢のモチーフとハートマークを合わせたキュートなアクセサリーがあります。

ラビングハートもこの「パロマ・グラフィティ」シリーズとなりまして、スタイリッシュでありながら、品よくお洒落を楽しみたい女性に人気です。

 

他にも、オリーブの葉を用いたシリーズや、リングを絡ませたシンプルでありながら複雑さがおもしろく飽きのこない「パロマ・メロディ」というシリーズがあり、それぞれファッションを彩るアクセサリーとして人気を博しています。

 

カインドベアでは、パロマ・ピカソのデザインしたアクセサリーやジュエリーをはじめとする、ティファニーのアイテムをお買取りしております。

ティファニーはアクセサリーだけでなく、食器や雑貨も数多く発売していますが、そういった商品も大歓迎です。熟練のスタッフが丁寧に査定してお値段をつけさせていただきますので、「これって買い取ってもらえるのかな?」「値段がつくか不安……」という方もお気軽にお問い合わせください。

WEDGWOOD ウェッジウッド ジャスパー 6人の踊り子 額縁 陶板 陶額 ダンシングアワーズ をお買取り致しました。


今回は、老舗食器メーカーとして名高いウェッジウッドの陶板をお買取りしました。

食器のイメージが強いですが、ジャスパーの「6人の踊り子」というモチーフで作られた陶板が販売されていたのです。額縁に入っているため、そのまま壁に飾ることができます。大きさは幅が約26cmで少し小ぢんまりしているのですが、小さすぎずに存在感も主張してくれるため、お部屋や玄関、階段の踊り場など、様々な場所に設置できます。

ゴールドとブラックの高級感溢れる額縁の中に、落ち着いたオリーブ色をバックに白い陶器風のレリーフで踊り子たちが描かれています。
ゆったりとした衣装をまとい、たおやかに舞う姿は、さながらニンフや女神、ギリシャ神話に登場する乙女たちのようです。

ひとつの芸術作品として完成されており、食器メーカーが手掛けたものとは思えないクオリティと美しさでお部屋を華やかに、そして上品に彩ってくれます。

さて、ウェッジウッドは1759年にイギリスで創設された食器メーカーですが、創設からほどなくして1775年に「ジャスパーウェア」というストーンウェアを開発します。

ジャスパーウェアは、マットな質感が上品なレリーフ装飾で、まさにウェッジウッドの代名詞とも言えるほど人気を博しました。
創設者であるジョサイア・ウェッジウッド自身が何千回も実験を重ねて試行錯誤の上に生み出した特殊技術により編み出された、この美しいレリーフ装飾は、食器の域を超え、ひとつの芸術作品としても認められるようになりました。

「6人の踊り子(ダンシングアワー)」は、陶板だけでなく、カップ&ソーサーとしても販売されていました。
カップを取り囲むように踊り子たちの装飾が施され、とても優美な気分にさせられる逸品です。

この素晴らしい「6人の踊り子」を、いつでも目で見て楽しみたい、そんな思いを叶えてくれるのが今回お買取りした陶板です。
カップは使わなければ目に入りませんし、ウェッジウッドほどのハイブランドな食器になると普段使いというよりはお客様にお茶をお出しする際に使う一級品として普段は戸棚の奥底にしまわれていることが多いでしょう。
それでは勿体無いということで、陶板を飾ってみるのも一興ではないでしょうか。

当店では、ウェッジウッドなどの高級食器や、ハイブランドのインテリア、美術品などを幅広くお買取りしております。
ご自宅に何か眠っているものがございましたら、是非査定にお持ちくださいませ。

LOUIS VUITTON ルイヴィトン モノグラム・アンプラント M80152 ポルトフォイユ・クレア ベージュ 二つ折り財布 RFID ICチップ入をご売却頂きました

ルイ・ヴィトンの二つ折り財布をお買取りさせていただきました。

「ポルトフォイユ・クレア(M80152)」というウォレットで、落ち着いたベージュカラーにモノグラム・アンプラントがあしらわれた、大人っぽいお洒落さが感じられる財布です。

 

ポルトフォイユは「財布」という意味で、クレアは2021年に新しく出たラインです。「アンプラント」は刻印を意味し、ルイ・ヴィトンを代表するモノグラムがプリントではなくレリーフのように刻印されているのが特徴です。

クレアは、かなりコンパクトにデザインされており、持ち運びやすくバッグに入れても嵩張りません。外側にカードポケットがついているため、交通系ICカードを入れて使えるのが便利です。もちろん内側にもカードポケットが充実しており、6つのポケットとその下にも2つの収納スペースがあります。

 

内側のボタンや、ジッパーチャームにはルイ・ヴィトンのロゴマークやブランド名が刻印されており、高級感を演出しています。

大人びたシックなデザインでありながら、しっかりとブランドの華やかさも感じられる、そんな財布です。

 

また、こちらの商品には「RFID」というICチップが内蔵されているという特徴があります。RFIDは、今注目されているICチップで「Radio Frequency IDentification」の略です。RFタグを読み取ると商品に関する情報が得られるという仕組みなのですが、ルイ・ヴィトンは2021年頃からシリアルナンバーを廃止し、RFIDを導入するようになってきています。

全てのアイテムがRFIDに移行したわけではないのですが、一部アイテムには既に内蔵されており、本商品もその対象となっています。

 

これまで、ルイ・ヴィトンは贋作との識別のためにデイトコードと言うシリアルナンバーを商品に入れていました。しかし、ここ最近はRFIDに置き換わりつつあり、徐々にシリアルナンバーが消えていっています。

 

これからはシリアルナンバーが消え、RFID内蔵というのがハイブランドのニュースタンダードとなる時代が来るかもしれません。

中古品買取業界においても、これまではシリアルナンバーが入っていないものは「買取不可」とすることが主流でしたが、これからはシリアルナンバーが入っていないものでも買取をおこなうようになっていくことでしょう。

 

 

当店ではルイ・ヴィトンなどのハイブランドアイテムのお買取りを積極的におこなっております。シリアルナンバーが入っていないものでも、一度査定させていただきますので、「これって大丈夫?値段つく?」というものでも、お気軽にお問い合わせください。

村瀬治兵衛作 漆器 棗 独楽茶器 共箱付 茶道具 をお買取り致しました

村瀬治兵衛の独楽茶器を買い取りました。共箱つきです。

独楽茶器は、独楽のような円形の模様をつけた茶器のことで、美しい漆の模様が目を引きます。

 

村瀬治兵衛は代々襲名制で、漆職人として漆器を作り続けている一族です。

もともとは江戸時代に木地師として生計を立てていた家に生をうけた初代治兵衛が、魯山人から漆塗りの技術を学んだことから漆器職人として名を馳せたことがはじまりと言われています。

 

現在、三代目の治兵衛が一族の伝統を受け継ぎ、軽くて使いやすく実用性に長けている漆器を作り続けています。

美しい漆と、手触りの良さには定評があり、高級食器として多くの専門家に注目されています。

 

独楽茶器は、シックで落ち着いた深い色の茶器で、シンプルながら飽きの来ないデザインとなっています。茶道を楽しむ方にとってはもちろん、手工芸品が好きで職人の技術を感じられる食器や茶器を集めているコレクターの方にとっても非常に価値があるものです。

日本の伝統工芸の技術が詰まった、至高の逸品です。インテリアとして飾っておいても、その存在感を発揮し、お部屋のコーディネートに色を添えてくれます。

 

このような職人技が感じられる工芸品の数々を、当店カインドベアでは積極的にお買取りしています。

人間国宝が手掛けた作品や、代々受け継がれる技術で作られた陶芸品、日本が誇る芸術家の絵画や彫刻などの芸術品の数々……

 

セカンドハンドの買取店というと、どうしても世界を席巻するハイブランドのファッションアイテムや、高級古酒などを扱っているイメージが強いですが、芸術作品や工芸品も喜んで買い取らせていただいているのです。

 

世界には素晴らしい芸術作品や、高品質なファッションアイテム、時計、革製品などがありますが、日本にだって同じくらい素晴らしい逸品がたくさんございます。

日本ならではの風情が感じられる芸術品や工芸品を探し求めている方がたくさんいらっしゃいます。そんな方々と出会うべき逸品が、皆さまのご自宅に眠っているかもしれません。

 

先祖代々受け継がれてきたけれど、処分しようか迷っている工芸品や、いただきものだけれど使わずにしまいこんでいる食器や茶器など、思わぬ価値がつくこともございますので、是非一度当店にお持ちくださいませ。心よりお待ちしております。

HERMES エルメス H071904CK ヴォーエプソン アザップロング シルクイン ラウンドファスナー ミコノス ブルー レザー X刻印 をお買取りいたしました

エルメスの高級長財布アザップロングを買い取らせていただきました。

美しいミコノスブルーのレザーと、鮮やかなシルクインがお洒落な逸品です。

 

「アザップ」はファスナーがついたエスメスの財布シリーズで、角が丸みを帯びているのがチャームポイントとなっています。アザップロングは長財布を指しており、大ぶりなサイズ感はクラッチバッグのように持って歩くと存在感を発揮します。ラウンドファスナーなので、ガバッと財布を広げることができて、中身の確認がしやすくカードやお金を取りやすいという使い勝手の良さも特徴です。

 

今回お買取りしたアザップロングは、ヴォーエプソンという素材を使ったものです。

牛革に細かい革目の型押しを施して、高級感溢れる質感を演出したもので、キズや汚れが目立たないように工夫されているものです。軽量で持ち運びやすいという点も優れており、バッグやウォレットに用いるレザーとして適しています。

同じエルメスの定番素材クシュベルよりも型押しが浅いため、光沢感が抑えられて落ち着いた雰囲気を醸し出しています。品があり、フォーマルな場でも持てるような、そんなエレガントな素材と言えるでしょう。カラーヴァリエーションも豊富で、定番のブラックだけでなく、今回お買取りしたブルーや、ピンク、ベージュなど、さまざまなカラーが展開されています。

 

今回はミコノスブルーという色のお財布をお買取りしましたが、「ミコノス」とはエーゲ海に浮かぶ島で、美しい空の青と海の青が印象的です。ギリシャ旅行のクルーズでも立ち寄る島で、人々は島の散策を楽しみ、ゆったりとした時の流れに癒されます。

 

そんなミコノス島をイメージしたブルーは、青を代表するような混じりけのない美しい青で、その鮮やかさは目を引き印象に残ります。

外側は、美しいミコノスブルーのシンプルなデザインですが、ファスナーを開けるとシルクインで華やかで芸術的な柄が登場します。このワクワク感を楽しめるのも、アザップロングの魅力と言えます。

 

カインドベアでは、エルメスをはじめとするハイブランドファッションアイテムの数々を喜んでお買い上げいたします。エスメスの財布、バッグ、スカーフなどはもちろん、アクセサリーや小物など、幅広くお買取りいたしますので、ご自宅に眠っているハイブランドアイテムがございましたら、お気軽にお持ちください。

熟練のスタッフが査定してお値段をつけさせていただきます。

CHANEL シャネル 01452 94305 ココマーク レディース サングラス をお買取りいたしました

今回は、シャネルのレディースサングラスをお買取りいたしました。

多くの女性が憧れるハイブランド、シャネルのサングラスは大き目なレンズと太いフレームにより小顔効果があるとして、セレブや芸能人にもファンが多いことで有名です。

 

今回お買取りしたサングラスは、シンプルなブラックのフレームにゴールドカラーのココマークがあしらわれた、余計なものが一切省かれたシックでスタイリッシュなデザインです。シャネルのロゴが仰々しくなく、さりげなく高級感や上品さを演出してくれるため、ファッションを引き締めるワンポイントアイテムとしておすすめです。

 

ゴチャゴチャした派手なデザインではないため、華やかな柄物が気分を上げる水着との相性もとても良いです。暖色系でも寒色系でも、大きめな柄でも、細かい柄でも、どんなものでも合わせられる万能サングラスです。

海辺やプールで身に付ければ、お洒落な装いで魅せることはもちろん、小顔に見せることもできますし、もちろん目の日焼け防止もバッチリです。

 

街中でも気軽に身に付けられるため、夏の必須アイテムとなることでしょう。

アクセサリーはあまり身に付けないけれど、ハイブランドが好きという方も身に付けやすいのが嬉しいポイントです。

 

シャネルのサングラスは、エレガントなデザインが多く、シーンや好みにあわせて選べるのが楽しいです。

パールやストーン、チェーンなどをあしらった華やかなものもありますし、今回お買取りした商品のようなシンプルなものもあります。たくさんの種類をコレクションして、気分にあわせて選ぶのを楽しむ方も多いようです。

 

このようなハイブランドファッションアイテムは、次々に新作がリリースされるため、販売終了となりプレミアがつくものが多く、当店ではそういった希少性の高いアイテムを歓迎しております。

確かな技術を磨き経験を積んできた目利きの鑑定士が、丁寧に査定して適切な金額をおつけします。ご自宅に眠っているハイブランドサングラス、アクセサリーなどの商品がございましたら、是非カインドベアにお持ちください。

 

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

BVLGARI BVLGARI ブルガリ ブルガリ K18YG 1Pダイヤ リング をご売却頂きました

今回お買取りさせていただいたのは、ブルガリのリングです。

「BVLGARI」のロゴがリング全体に刻印され、ダイヤが1粒あしらわれています。レディースリングでサイズは13号、重さは7.2gです。18金のイエローゴールドの輝きが眩しいラグジュアリーなアクセサリーです。

 

ハイブランドのアクセサリーを身に付ける際に、ブランド感を前面に出したいという方と、ブランド感はあまり出さずにさりげなく高級感を漂わせたいという方に別れます。

ブランドロゴが目立つものと、目立たないものと、どちらが好きかは人によって異なるのです。

 

今回お買取りしたリングは、リング全体に「BVLGARI」と刻印されているため、誰が見ても「おお、ブルガリのリングだ!」と分かるデザインとなっています。

 

昔からブランドロゴやブランド名がメインとなったデザインのアクセサリーは各ブランドから販売されており、根強い人気を誇っています。

この「BVLGARI」リングも、ブルガリファンからすると、身に付けるだけで気分が上がることでしょう。

 

ハイブランドのロゴや名前がメインデザインのアクセサリーは、そのブランドのファンや、高級感そのものを楽しみたいという方にとっては、とてもエキサイトする代物です。

指輪は、指につけるものですから、視界に入ります。ピアスやイヤリング、ネックレスなどは鏡を見ないとつけている本人には見えないため、指輪は「本人が見えるアクセサリー」として、気に入ったデザインのものや、気に入ったブランドのものをつけると気分が上がると言われています。女性がネイルをするのもその心理からです。

 

本商品はブルガリ感が前面に出ているリングなので、ただ身に付けるだけで「ブルガリのリングをつけている」という気分を愉しめます。

 

また、ブルガリのリングは付け心地の良さに定評があります。

肌に馴染むよう計算しつくされて製造されているため、普段使いにも適しており、日常的にお洒落を楽しめるアイテムなのです。

 

ただ、この「ブランドを前面に出したアクセサリー」は好みが分かれます。

もし、プレゼントなどでブランドアクセサリーを頂いたものの、ロゴやブランド名がメインのデザインだからちょっとつけ辛い……という抵抗感があって身に付けずにしまい込んでしまっているということがございましたら、その際には是非当店へお持ちください。

ブランドファンの方が喜ぶファッションアイテムとして、正しく価値を判定して査定させていただきます。

LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン モノグラム バティニョール オリゾンタル M51154 トートバッグをお買取りいたしました

王道中の王道ブランド、ルイ・ヴィトンのトートバッグをお買取りしました。

モノグラムのバティニョール・オリゾンタルで、幅38cm×高さ26cm×マチ13cmというたっぷり入るサイズのものです。

 

バティニョール・オリゾンタルは、2008年に廃盤となっているシリーズですが、非常に人気が高く10年以上たった今でも中古品の買い取りを望むヴィトンファンが後を絶ちません。

 

「バティニョール」はパリにある地名からつけられた名前で、サイドについたベルトでマチを調節できるのが特徴です。

 

もともとはルイ・ヴィトンのロゴマークがあしらわれたモノグラムラインで展開されていましたが、スペシャルオーダーでダミエライン(格子状の柄)でも製作されていました。

今回買い取ったアイテムはスタンダードなモノグラムのものです。

 

「ザ・ヴィトン」というイメージそのもののバッグで、洗練されたフォルムとお洒落なモノグラムがハイブランドの雰囲気を醸し出しています。

ビジネスシーンでもプライベートシーンでも使うことができるデザインで、普段の生活でも、特別な日にも、どちらでも使えます。

 

ルイ・ヴィトンのモノグラムは、濃い茶色にヴィトンのロゴマークが散りばめられているデザインでとても品があります。シックなモノトーンファッションに合わせてもよく馴染むので、スーツスタイルで持つこともできます。逆にシンプルでカジュアルなファッションと合わせると高級感をプラスしてくれて全体のコーディネートを引き締めてくれます。

 

伝統的なルイ・ヴィトンのスタイルをファッションに取り入れたいという方にはおすすめしたいトートバッグです。

 

カインドベアではルイ・ヴィトンのバッグや財布などのファッションアイテムを喜んでお買取りいたします。

特にこちらの商品のような廃盤となったモデルはレアアイテムとしての付加価値がつくため、思わぬ高値がつけられる可能性があります。

 

ファッショントレンドに乗った最新のブランドアイテムはもちろん、古い型でも人気のラインやシリーズには価値がつきますので、是非一度お持ちいただき査定させていただければと思います。

 

使用感があったり、箱や袋が無くなってしまっていても、お値段つけられることもございます。

お気軽にお問い合わせください。

稀版廣重名作撰 歌川広重 花鳥図 名所絵 うちわ絵 大江戸木版社 手摺版画 浮世絵 全24図 をお買取り致しました

歌川広重の作品集をお買取りしました。

『稀版廣重名作撰』というもので、大江戸木版社が手掛けた手摺の版画で、浮世絵、花鳥図、名所絵、うちわ絵など、全24図が収録されています。一つひとつ解説が書かれているため、その作品の背景や見どころ、どのようにして描かれたのかなど、マメ知識を楽しみながら作品鑑賞を味わえる品です。

 

歌川広重といえば、言わずと知れた浮世絵の大家です。

代表作『東海道五十三次』は、日本画のことを知らない人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

歌川は『東海道五十三次』だけでなく、実に多くの作品を世に残してきました。

特に「歌川ブルー」と称された青色の使い方は見事で、空の青、海の青など、鮮やかに描き出すことで生き生きとした情景が伝わってくるという魅力が感じられます。

 

『稀版廣重名作撰』に収録されている作品について、もう少し詳しく解説します。

 

浮世絵とは、江戸時代に確立された絵画ジャンルのひとつで、当時の風俗を反映した日常的なシーンを切り取った絵画が中心となっています。

特に歌舞伎と浮世絵は縁が深く、歌舞伎役者を描き出した浮世絵は、今でいうブロマイドのように歌舞伎役者ファンの民がこぞって買っていったというエピソードが残っています。

 

花鳥図は、鳥や花を中心に描いた絵画作品です。掛け軸のような長い紙に、広重は大きな鳥を描き出し、今にも動き出しそうな躍動感と生命力を溢れさせました。

 

名所絵は、まさに『東海道五十三次』のことを指します。その名の通り名所を描いた作品で、富士山や各地域の名所の風景画となっています。

 

うちわ絵も、その名の通り「うちわに描かれた絵や模様」を指しています。色鮮やかな模様が特徴で、持っているだけでアーティスティックな気分になれる代物です。

 

これら、さまざまな広重の作品が一冊にまとまり、解説までついてくるため、日本画ファン、広重ファンの方にとっては宝のような商品でございます。

 

さて、カインドベアでは、日本画はもちろん、世界中のアーティストのアート作品をお買取りしております。貴重な原画はもちろん、レプリカやリトグラフ(版画によるもの)も大歓迎ですので、是非お気軽にお持ちくださいませ。

CHANEL シャネル マトラッセ 復刻チェーントート ショルダーバッグ サーモンピンク キャビアスキン A50994 をご売却いただきました

鮮やかなサーモンピンクが印象的なシャネルのショルダーバッグをお買取りいたしました。

 

今回お買取りしたショルダーバッグは復刻チェーントートで、持ち手の部分にチェーン装飾がほどこされているお洒落なデザインが特徴です。

素材はキャビアスキンのマトラッセで、シャネルらしい個性がギュっと詰まっています。真ん中にシャネルのロゴマークがあり、ハイブランドの気品とファビュラスな雰囲気を醸し出しています。

 

さて、キャビアスキンのマトラッセと言われてもピンと来ない方が多いでしょう。

どちらもシャネルの特徴的な素材やデザインの名称です。

 

まず、キャビアスキンとは、特徴あるレザーを用いたシャネルのラインのことです。

キャビアというと、世界三大珍味の高級食材を思い浮かべます。キャビアはチョウザメの卵なので、なぜキャビアという名前がついているのか疑問に思うことでしょう。

キャビアスキンは牛革ですが、その型押しの模様がキャビアの粒をイメージさせるため、この名がつけられたと言われています。

確かに、ブラックのキャビアスキンを近くで見てみると、その名の通りキャビアのようなツブツブ感が見てとれます。

 

続いてマトラッセですが、これはシャネルを代表するショートバッグの名称で、「ダイヤ型の格子状」のデザインのバッグは全てマトラッセに分類されます。

今回お買取りの商品も、美しい格子状のデザインが高級感を匂わせています。

 

明るく鮮やかなサーモンピンクなので、ビジネスシーンというよりも、カジュアルにプライベートタイムで楽しみたいファッションアイテムです。

個性的な色合いなので、合わせるファッションのセンスが問われるところですが、白や黒などのモノトーンコーディネート、あるいはセピアカラーの落ち着いたコーディネートに差し色としてこのバッグを持つと、全体が引き締まって上級ファッションとなります。

 

カジュアルなシーンにピッタリなので、ジーンズとの相性も抜群です。

白いシンプルなシャツにジーンズを合わせて、そこにこのバッグを持ってくれば、ラフすぎないお洒落なファッションができあがります。

 

ゴールドのチェーンが高級感を演出してくれるため、全体の印象が華やかになるのも魅力的なポイントです。

 

カインドベアでは、シャネルなどのハイブランドのファッションアイテムを積極的にお買取りしております。バッグ、財布、時計など、ご自宅に眠っているブランド品がございましたら、是非お持ちください。