日本亀文造 日本琵琶湖東八幡住 底印 蟹 銀象嵌 鉄瓶

当店の参考買取額

日本亀文造 日本琵琶湖東八幡住 底印 蟹 銀象嵌 鉄瓶
ASK

名高い「亀文堂」の鉄瓶

  • 底印 日本琵琶湖東八幡住
  • 作品名 日本琵琶湖東八幡住
  • 窯元 亀文堂
  • 素材

日本亀文造 日本琵琶湖東八幡住 底印 蟹 銀象嵌 鉄瓶
買取について

お品物は、お客さまがご親戚の方から譲り受けたものだそうです。

お客さまは、引っ越しのご予定があり、不要な物をできるだけ減らしたいと考えていました。

茶道具コレクターのご親戚は、几帳面な性格で、自慢のコレクションの手入れにも余念がなかったそうです。

お品物には、胴体に「日本亀文」の銘、底には「日本琵琶湖東八幡住」の刻印があります。また、ご親戚の方が入手された当時、既に、持ち手の片方の先端部分が折れていたとのことですが、それ以外は、入念な手入れの甲斐もあり、状態はおおむね良好です。折れた破片も大切に保存されていました。

お客さまは、破損があることを懸念されていたようですが、当店では高額で買い取りさせていただきました。

このように、破損などがあっても、しっかり査定いたします。お気軽にお問い合わせください。

日本亀文造 日本琵琶湖東八幡住 底印 蟹 銀象嵌 鉄瓶

名高い「亀文堂」の鉄瓶です。

初代の波多野 正平は、幕末、京都「龍文堂」の四方安平の弟子となり、蝋型鋳造の技術を学び、のちに独立して近江(滋賀県)で工房を開きます。これが亀文堂の始まりです。

初代亡き後、三代まで鉄瓶を多く作っていましたが、昭和に入り、高級な鉄瓶の需要が減って事業を継続できなくなり、亀文堂は四代で途絶えてしまいます。このようなことから、亀文堂の鉄瓶は希少価値が高く、多くのコレクターが存在し、現在でも高値で取り引きされています。

亀文堂の鉄瓶は、蝋型鋳造による自然をモチーフとした浮き彫り模様が、幕末から昭和初期にかけて好評を博しました。本作品の胴体にも、綿密で躍動感にあふれた風景や蟹の浮き彫りが見られます。

また、胴体、蓋のつまみなどには、銀の象嵌(ぞうがん)が施され、高級鉄瓶としての地位を不動のものとします。本作品を見ると、蓋のつまみと持ち手に銀の象嵌が施されており、この点からも逸品といえます。

最新情報

すべて見る
ブランド品買取 2020.5.30
FENNDI フェンディ バングルブレスレット…
詳しくはコチラ
その他・未分類 2020.5.26
片岡球子「赤富士」リトグラフをご売却いただきま…
詳しくはコチラ
ブランド時計買取 2020.5.21
デリス・ドゥ・カルティエ W8100009 レ…
詳しくはコチラ
ブランド品買取 2020.5.12
CELINE セリーヌ」マカダム柄の2WAYバ…
詳しくはコチラ

今すぐ出張買取を依頼

今すぐ宅配買取を依頼

家財整理・不用品処分全般

カインドベア本店(茅ケ崎)

カインドベア本店(茅ケ崎)

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-10-16

TEL 0467-81-5326

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

カインドベア辻堂店はこちら

カインドベア辻堂店

〒251-0042
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目5-12 

TEL:0466-86-7505

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

詳しくはコチラ