指物師 上杉満樹 行雲棚

当店の参考買取額

指物師 上杉満樹 行雲棚
ASK

繊細で優美な意匠

  • 作家 上杉満樹
  • 作品名 行雲棚
  • 好写 鵬雲斎

指物師 上杉満樹 行雲棚
買取について

茶道具は、買取実績の多い品物の一つです。日本の茶道具は需要があり、高値で取引されているものも多くあります。

このお品物も、漆器界で高い評価を受けている上杉満樹工房による行雲棚であり、一定の人気があります。

お品物は、お客さまの叔父さまが大切にされていたものだそうです。一方のお客さまといえば、お茶では急須や湯のみぐらいしか使わないため、お品物に関しても、箱に収納されていた木のパーツが一体何なのか、見当すら付きませんでした。叔父さまの趣味から、茶道具であることは何となく分かっていたので、疑心を抱きつつも、当店に査定を依頼されました。

お品物には、目立ったキズ、汚れなどはなく、良い状態でした。また、共箱だけでなく、共布までもしっかりと残っていました。このため、高い評価による買取となりました。

指物師 上杉満樹 行雲棚 鵬雲斎好写 について

上杉満樹(うえすぎまんじゅ)工房は、明治時代に京都で創業以来、茶道具を中心に漆器を制作しており、現在は、四代目を継いだ上杉學帥(がくすい)が家族とともに営んでいます。代々指物が本業でしたが、現在では、轆轤(ろくろ)細工などの木地加工全般に加え、塗り、加飾(蒔絵など)まで、すべての工程を手がけている、数少ない工房の一つです。

本作品は、鵬雲斎(裏千家十五代 千宗室)好写の組み立て式の行雲(こううん)棚です。行雲棚は、「行雲流水」という言葉から名付けられたといわれています。「行雲流水」とは、空を行く雲と流れる水のように、物事に執着せず、自然の成り行きに任せて行動することをいいます。

作品には、中棚の右脇に行雲透かしが、勝手付と奥の腰板に流水の透かしがあります。繊細で優美な意匠でありながら、長年の使用に耐え得る丈夫さを備えています。伝統技法が確かに根付いています。

最新情報

すべて見る
ブランド品買取 2020.5.30
FENNDI フェンディ バングルブレスレット…
詳しくはコチラ
その他・未分類 2020.5.26
片岡球子「赤富士」リトグラフをご売却いただきま…
詳しくはコチラ
ブランド時計買取 2020.5.21
デリス・ドゥ・カルティエ W8100009 レ…
詳しくはコチラ
ブランド品買取 2020.5.12
CELINE セリーヌ」マカダム柄の2WAYバ…
詳しくはコチラ

今すぐ出張買取を依頼

今すぐ宅配買取を依頼

家財整理・不用品処分全般

カインドベア本店(茅ケ崎)

カインドベア本店(茅ケ崎)

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-10-16

TEL 0467-81-5326

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

カインドベア辻堂店はこちら

カインドベア辻堂店

〒251-0042
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目5-12 

TEL:0466-86-7505

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

詳しくはコチラ