十三代 黒田正玄 造 竹一重切花入

当店の参考買取額

十三代 黒田正玄 造 竹一重切花入
ASK

茶道具の性質をわきまえた「用の美」

  • 作家 十三代 黒田正玄
  • 作品名 竹一重切花入
  • 松聲
  • 素材

十三代 黒田正玄 造 竹一重切花入
買取について

茶道具のコレクターは多くいます。お客さまのお父さまも、そのうちの一人でした。

お父さまは京都のご出身で、ご家族が茶道教室の講師を務めていたこともあり、物心が付いたころから、茶の湯の世界に触れてきました。生前は、茶の湯にいそしみつつ、茶道具の収集にも熱心でした。

お父さまが亡くなり、遺品整理をしていたときに出てきたのがお品物です。状態は良く、箱もきれいな状態で残っていました。

お客さまは、茶道具には興味がなく、お品物の価値が分かりませんでした。立派な箱が付いているものの、果たして買い取ってくれるのか不安だったそうです。

当店では、各種の茶道具の買取が可能です。「これって買取ができるの?」、「古そうだけど、値段がつくの?」と思われるお品物でも、無料で査定いたします。ぜひ一度ご相談ください。

十三代 黒田正玄 について

茶道三千家の茶道具は、「千家十職(せんけじっしょく)」と称される10の家が代々制作してきました。その一つが黒田家であり、400年以上続く竹細工の名家として、竹細工・柄杓師(ひしゃくし)を務めています。当主は、「正玄(しょうげん)」という名前を代々襲名します。

十三代 黒田正玄は、1936年に京都で生まれ、大学卒業後、先代のもとで修行を積み、1966年に十三代を襲名。2017年7月に死去しました。

本作品は、吟味を重ねた竹を素材とした一重切(いちじゅうぎり)花入です。上部に花窓を切り、胴部に節がバランスよく取られています。竹そのものの自然の美しさを最大限に引き出しています。また、茶道具の性質をわきまえた「用の美」が感じ取れます。生ける花もうまく映えそうです。

また、作品の胴部には、鵬雲斎(裏千家十五代 千宗室)による「松聲」の銘と花押があります。さらに、共箱の蓋の裏側にも、鵬雲斎の書があります。

最新情報

すべて見る
ダイヤ・色石買取 2022.8.9
BVLGARI BVLGARI ブルガリ ブル…
詳しくはコチラ
ブランド品買取 2022.8.3
LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン モ…
詳しくはコチラ
骨董・茶道具・美術品買取 2022.7.29
稀版廣重名作撰 歌川広重 花鳥図 名所絵 うち…
詳しくはコチラ
ブランド品買取 2022.7.26
CHANEL シャネル マトラッセ 復刻チェー…
詳しくはコチラ

今すぐ出張買取を依頼

今すぐ宅配買取を依頼

家財整理・不用品処分全般

カインドベア本店(茅ケ崎)

カインドベア本店(茅ケ崎)

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-10-16

TEL 0467-81-5326

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

カインドベア辻堂店はこちら

カインドベア辻堂店

〒251-0042
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目5-12 

TEL:0466-86-7505

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

詳しくはコチラ