千家十職 永樂善五郎(十六代) 仁清写日出茶碗

当店の参考買取額

千家十職 永樂善五郎(十六代) 仁清写日出茶碗
ASK

千家十職の土風炉・焼物師

  • 作家 十六代 永樂善五郎
  • 作品名 仁清写日出茶碗
  • 技法 京焼

千家十職 永樂善五郎(十六代) 仁清写日出茶碗
買取について

お品物は、お客さまのお祖父さまのコレクションの一部でした。お祖父さまは、美術品を収集されており、茶道具も数々所有されていました。

お客さまは、数年前に、テレビのお宝鑑定番組で、十六代 永樂善五郎の茶碗に高い鑑定額がついていたのを見たことがありました。そのシーンを思い出し、期待とともに、当店に査定を依頼されました。

お品物は、お祖父さまが生前大切にされていたようであり、コンディションはおおむね良く、共箱も比較的きれいな状態で残っていました。

当店は、茶道具の買取実績が豊富です。
不用な茶道具はございませんか? お心当たりがございましたら、ぜひお問い合わせください。
経験と知識が豊富なスタッフが、お品物を丁寧に査定いたします。

十六代 永樂善五郎 買取について

永樂(えいらく)家は、室町時代末期から続く京焼の名門として、千家十職(せんけじっしょく)の土風炉(どぶろ)・焼物師を務めています。初代から九代目までは「西村」を姓とし、主に土風炉を制作。十代目以降は「永樂」姓を名乗り、土風炉に加えて茶陶を制作しています。「善五郎」は通称であり、当主はこれを代々襲名します。

十六代 永樂善五郎は、1917年に京都で生まれ、本名は即全(そくぜん)といいます。美術工芸学校に通う一方で、十五代の父から陶技を学びました。父の死去に伴い、1935年に十六代を襲名。1990年には、勲五等瑞宝章の栄誉に輝いています。

本作品は、仁清写日出茶碗です。日の出の赤い丸が、波状の模様とともにダイナミックに描かれています。野々村仁清らが確立した京焼の技法を巧みに取り入れています。現在の永樂家というと、華やかな作風がイメージされますが、本作品も、白地に現れる日の出が華やかさを演出しています。

最新情報

すべて見る
ブランド品買取 2020.5.30
FENNDI フェンディ バングルブレスレット…
詳しくはコチラ
その他・未分類 2020.5.26
片岡球子「赤富士」リトグラフをご売却いただきま…
詳しくはコチラ
ブランド時計買取 2020.5.21
デリス・ドゥ・カルティエ W8100009 レ…
詳しくはコチラ
ブランド品買取 2020.5.12
CELINE セリーヌ」マカダム柄の2WAYバ…
詳しくはコチラ

今すぐ出張買取を依頼

今すぐ宅配買取を依頼

家財整理・不用品処分全般

カインドベア本店(茅ケ崎)

カインドベア本店(茅ケ崎)

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-10-16

TEL 0467-81-5326

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

カインドベア辻堂店はこちら

カインドベア辻堂店

〒251-0042
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目5-12 

TEL:0466-86-7505

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

詳しくはコチラ