古銭 文政小判 裏面「大」「吉」 13.0g

当店の参考買取額

古銭 文政小判 裏面「大」「吉」 13.0g
ASK

文政年間に生まれた希少貨幣

  • 名称 文政小判金
  • サイズ 横幅 約35mm×縦幅 約65mm
  • 重さ 約13.0g
  • 素材 Au 68%

古銭 文政小判 裏面「大」「吉」 13.0g
買取について

お品物は、お客さまがお父さまから形見として譲り受けたものだそうです。お父さまは古銭のコレクターで、コレクションは、数十冊にも及ぶアルバムや、たくさんのケースに収納されていました。

お品物を含むコレクションの数々は、お客さまのご自宅で保管されていました。しかし、お客さまもご家族も関心はなく、手狭なマンションでは、次第に、置き場所に困るように。さらに、お子さまが進学を控え、お金が必要になったとのことです。

そこで、父のことを考えると、後ろめたい気持ちがするけれども、少しでも教育費の足しになれば…、と思い、売ることに決心しました。

皆さまのところにも、処分をお考えの大判・小判などの古銭はございませんか?
価値が分からないといった理由で、そのままにされていませんか?
ぜひ当店にご相談ください。スタッフが懇切丁寧に対応いたします。

古銭 文政小判 裏面「大」「吉」 13.0g 買取について

「文政小判(ぶんせいこばん)」は、文政年間の1819~29年に鋳造された金貨幣であり、一両としての額面を持ちます。

表面は、ござの筋目模様が刻まれ、上部と下部には扇枠内に桐紋、中央上部に「壱両」、そして中央下部には「光次」(花押)の極印がそれぞれあります。

一方、裏面は、中央に花押、左下端に金座人(金貨鋳造機関の職員)の験極印と吹所(鋳造所)棟梁の験極印、さらに右上側には「文」の極印が打たれています。「文政」を表す「文」の字は、先に発行された「元文小判(げんぶんこばん)」と区別するために草書体であり、草文(そうぶん)と呼ばれています。

「吉」の験極印がある小判は、希少な場合があります。本品を見ると、「大」、「吉」という験極印があります。これは意図的に打刻されたものと考えられ、本品は特製の献上小判である可能性があります。

最新情報

すべて見る
ダイヤ・色石買取 2022.8.9
BVLGARI BVLGARI ブルガリ ブル…
詳しくはコチラ
ブランド品買取 2022.8.3
LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン モ…
詳しくはコチラ
骨董・茶道具・美術品買取 2022.7.29
稀版廣重名作撰 歌川広重 花鳥図 名所絵 うち…
詳しくはコチラ
ブランド品買取 2022.7.26
CHANEL シャネル マトラッセ 復刻チェー…
詳しくはコチラ

今すぐ出張買取を依頼

今すぐ宅配買取を依頼

家財整理・不用品処分全般

カインドベア本店(茅ケ崎)

カインドベア本店(茅ケ崎)

〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-10-16

TEL 0467-81-5326

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

カインドベア辻堂店はこちら

カインドベア辻堂店

〒251-0042
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目5-12 

TEL:0466-86-7505

営業時間 10時から19時

古物商許可証:第452670007020号

地図はこちらをクリック

詳しくはコチラ