人間国宝 加藤卓男造 正倉院 復元 三彩 渦巻文 手付 花入をご売却頂きました

人間国宝、加藤卓男氏は、代々続く陶芸家の一族に生まれました。

古代ペルシア陶器の独創的な造形や斬新な色合いに魅力を感じて、西アジアで長年に渡り発掘研究に従事し、滅び去った幻の名陶「ラスター彩」の復元を成功させました。

その後も、青釉、三彩、ペルシア色絵など、シルクロードの異民族の文化と日本の文化を融合させ、斬新な陶芸活動を進めました。

そんな加藤卓男氏は、宮内庁正倉院から正倉院三彩の復元制作を委嘱されます。正倉院といえば、そう、シルクロードです。シルクロードを渡り、海を越え日本へやってきた数々の伝来品が保管されていた正倉院の三彩の復元に、加藤氏は9年もの歳月を費やし研究し、ついに復元に成功します。そして、その功績から平成7年に重要無形文化財保持者、つまり人間国宝に認定されました。

「ラスター彩陶」や「三彩の道」、「やきもののシルクロード」や「ラスター彩遊記・砂漠が誘う」など、数多くの著書も残しており、シルクロードと日本の陶芸の架け橋となった人物でもあります。

 

そんな加藤卓男氏が復元した正倉院の三彩を用いた渦巻文の花瓶は、鮮やかな緑と黄色が目を引き、花瓶というよりも、それだけで芸術品として完成しているような堂々たる出で立ちです。

 

もちろん、花を入れても美しく、花の魅力を決してそこなわないように作られています。

シンプルな曲線美と華美にならない装飾、そしてまるで茎や葉を連想させるような緑と黄色の色合いは、どんな花を入れてもその花の美しさを際立たせ、豪華に魅せるような役を果たします。

 

花が無ければ無いで、花瓶だけで十分魅力的な陶器であり、床の間や玄関口などに置いておけば、思わず見入ってしまうような骨董品です。

「渦巻文」という名の通り、渦巻き状の模様が入っており、これが五月蠅くないのに個性的という絶妙なバランスで見る者の目を楽しませてくれます。

 

和室との相性はもちろん良いですが、洋室に置いておいても全く違和感なく馴染みます。

インパクトがありながら、邪魔な印象を与えずにどんな部屋にもスッと馴染む不思議な花瓶を、ぜひお部屋においてみてはいかがでしょうか。

 

おもてなしの席にもピッタリで、この花瓶を置くだけで味気ない部屋も一気に個性と華やかさが演出できます。

季節の花を活ければ、ますます楽しみが増える、そんな魅力的な花瓶です。

お茶道具の茶棚 「紹鴎棚」 のお買取りです

茶道には様々な道具が使われます。そして、その道具は作法に則って正しく使われなければなりません。茶室には、茶道で使われる道具を置くための棚、茶棚が置かれます。

炉用の茶棚、紹鴎棚(じょうおうだな)は「紹鴎袋棚」とも呼ばれており、天板の下に扉付きの地袋があるシンプルな造りとなっています。

 

天板には硯箱や一輪挿し、それから香炉などを飾り客人たちを魅せます。

扉付きの地袋の右側には水指を、そして左側には点前後の柄杓と蓋を置きます。

 

伝統を重んじる茶道においては、骨董品である古い茶棚は大変貴重なもので、ぜひ茶室に置きたいと考える茶道家や茶道愛好家の方は多いです。

 

本格的な茶室に相応しい素晴らしい茶棚で、茶道の神髄である「わびさび」や「余白の美」を決して邪魔することなく引き立ててくれます。

 

この「わびさび」の文化は日本特有のものです。

西欧では昔から派手で豪華な装飾や調度品が良いものとされてきました。対して、日本では華美になりすぎず、余白の美を楽しむのが上流階級のたしなみでした。

今回お持ちいただいた紹鴎棚にも、派手な装飾や彫刻は一切なく、非常にシンプルな装いです。このシンプルさこそが、余計なものを排除した質素な茶室によく合い、部屋の調和を乱さずに空間に馴染みます。

 

茶道、華道、書道、など、日本には古くから伝統を重んじる芸術の文化が脈々と受け継がれてきました。現代の日本人にはあまり馴染みはありませんが、昨今外国人観光客が急増する日本では、改めてこれらの伝統芸術が注目されています。

 

これらの伝統芸術は外国人にも大変人気で、観光地には茶室が設けられ、茶道体験ができる施設が多数あります。

外国人観光客に、日本の伝統を正しく知ってもらうためにも、これらの茶室には簡易的な備品ではなく、由緒正しい一級品を揃えるのが良いでしょう。

茶道の道具はもちろん、その道具を置く棚も良いものである必要があります。

 

そこでおすすめしたいのが、この紹鴎棚です。

茶室によく馴染む紹鴎棚は、茶道の素晴らしさをより一層感じられる空間を演出してくれることでしょう。

 

カインドベアでは、このように茶道で使うような道具や、茶棚なども積極的に買い取りをおこなっています。

古いものであっても、高い価値がつくものが多いため、ご自宅に古い茶道具などが眠っているという方は、是非一度当店にお持ちください。

有田焼 酒井田柿右衛門13代目が手掛けた柿右衛門窯のコーヒーカップとソーサー6客セットをお持ちい込みいただきました。

今回は、人間国宝の職人さんが手掛けた素晴らしいコーヒーカップとソーサーのセットをお買い取りいたしました。

江戸時代から現代まで脈々と引き継がれてきた有田焼陶芸家一族の当主、酒井田柿右衛門の13代目が手掛けた柿右衛門窯のコーヒーカップとソーサーで、6つのセットが揃った非常に良い状態でお買い取りさせていただきました。

13代目の酒井田柿右衛門は人間国宝に認定されており、骨董品としても美術品としても、非常に価値の高い作品です。

 

酒井田柿右衛門様式の特徴のひとつに、花鳥図などの絵柄を乳白色の陶器にたっぷりと余白をとって描く、いわゆる「余白の美」を生かした様式があります。この様式に用いられる乳白色の白磁の事を「濁手(にごしで)」と言い、佐賀の方言で「米の研ぎ汁」を意味しており、一般的な白磁が少し青みがかっているのに対し温かさを感じさせる乳白色なのが特徴です。この濁手は18世紀に一度途絶えてしまったのですが、13代の酒井田柿右衛門の手により復活しました。このような功績により人間国宝に認定された13代目が有田焼の伝統と文化、そして発信にいかに貢献したかという事が分かります。

 

今回お買い取りのコーヒーカップとソーサーは、柿右衛門様式の「余白の美」を感じさせるようなデザインで、白いカップとソーサーに絶妙なバランスで描かれた柿の絵が、陶器そのものの美しさを邪魔せずに彩を添えています。

落ち着いた藍色の枝葉と、少し暗めの濃い朱色で描かれた柿が、大人の落ち着きを演出しています。

 

柿といえば秋口を彷彿とさせます。少し肌寒くなってきて秋の風が衣替えを思い起こさせるようになり、徐々に陽が短くなり夜のとばりがおりるのが早くなってきたと感じる頃、湯気がゆらめくホットコーヒーを片手に本のひとつも読みたくなるものです。

涼し気なグラスに氷の音を聞きながら飲む夏のアイスコーヒーから、コーヒーカップに丁寧に煎れたホットコーヒーに変わる秋という季節に、このカップとソーサーの組み合わせは最適なのではないでしょうか。

6つセットなので、お客様がいらした時にも使う事ができますし、カップの作者である酒井田柿右衛門を話題のひとつに持ち出しても良いでしょう。

 

カインドベアでは、今回お買い取りの商品のような骨董品や高級食器、茶器などの買い取りも積極的におこなっております。

時が経つほどに価値が上がるものも沢山ございますので、もしも「これは」というものがあれば、ぜひ当店までお持ちください。

人間国宝 井上萬二作 白磁牡丹彫文の菓子鉢 をお買取りさせて頂きました

人間国宝の井上萬二さんご本人が作った青白磁の骨董品をお買い取りいたしましたので、井上さんと作品についてご紹介いたします。

今回買い取りの作品は、白磁牡丹彫文の菓子鉢で、共箱と共布と栞がついています。井上萬二さんご本人が作ったという証明にもなる栞がついているので、人間国宝が手掛けた作品だという事が一目瞭然です。

 

井上萬二さんは、佐賀県有田町出身の陶芸家です。

有田町といえば有田焼で有名な陶器の町ですが、井上さんはまだ十代の頃から酒井田柿右衛門や奥川忠右衛門といった巨匠に師事し、白磁制作の技術を学びました。

その後、井上さんはペンシルベニア州立大学に有田焼の講師として招致されて渡米したり、ドイツで個展を開いたりして、世界を股にかけて有田焼の魅力を発信し続けてきました。

1995年に人間国宝に認定され、重要無形文化財「白磁」保持者となります。

 

そんな井上さんは白磁のことを「形そのものが文様」だと言い、一切の加飾に頼らずに白磁そのものの持つ造形美を体現しようと日々研究と鍛錬に余念がありません。

やわらかで滑らかな造形だけで、凛とした美しさや端正さ、そして曲線美が奏でる温かさを表現するという事を目指す井上さんの目標は高く、平凡な形こそ難しい白磁の世界で技術を磨き続け、そして白磁の魅力を発信し続けています。

 

今回お買い取りの菓子鉢は、まさに井上さんの白磁への想いや信念が込められた作品と言えるもので、真っ白で他に色の無い菓子鉢の底の部分には牡丹の文様が浮き彫りのように刻まれており、光の当たり方で美しい牡丹の姿が浮かび上がってくるようなデザインとなっています。

牡丹の文様も美しいのですが、なんといっても菓子鉢そのもののフォルムがとても美しいのが特徴のひとつでもあり、鉢の縁部分の曲線がとても繊細でなめらかに作られています。

なめらかさと、そしてたおやかさ、艶やかさなど、この白磁の魅力を表す言葉はいくらでも思い浮かびます。

 

普段はインテリアとして飾っておくだけでも美しさを演出できて、家の中に特別な空間を作り出す事ができます。そしてお客様がいらした時などには、実際に菓子鉢としてちょっと良いお菓子を入れてお出しすれば「素敵な器ですね」というところから会話が広がっていくことでしょう。

人間国宝、井上萬二さん自ら手掛けた白磁の素晴らしさを感じられる毎日に幸せを感じてみてはいかがでしょうか。

深川製磁の花瓶 買取ました

素晴らしい花瓶をお買い取りさせていただきましたので、早速ご紹介させてください!

日本屈指の伝統工芸「有田焼」の陶磁器メーカー深川製磁の時代物の花瓶です。

 

深川製磁は佐賀県有田町の陶磁器メーカーで、あのパリ万博にも出品した事がある歴史を持ち、現代まで脈々と有田焼の伝統を受け継いできています。

まさに一級品を世に産み出し続けている陶磁器メーカーですが、今回お買い取りした深川製磁の花瓶は、思わず息を呑むほど美しい逸品でした。細密に描かれた花々の絵柄が見事で、骨董品というよりも、工芸品というよりも、もはや美術品、芸術作品という印象を強く受けました。

瓶には梅、菊、芍薬の花が緻密に描かれています。これらのバランスが非常に美しく、また、色合いも絶妙で、藍色の葉と色とりどりの花が生き生きと描かれているのは、本当にひとつの芸術作品のようです。

 

それではここで、深川製磁のちょっとしたウンチク話を。

実はこの深川製磁、古くから宮内庁に製品を献上してきていたのですが、宮内庁の御用達であるという事を商売に利用する事を嫌い、ずっとこの事実を隠してきました。

それが、つい最近の話ですが、2018年に執り行われた守谷絢子さんの結婚披露宴晩餐会の引き出物として納めたボンボニエールが別の窯元製であると誤報されてしまい、これを否定するために、宮内庁の御用達である事、このボンボニエールも深川製磁のものであるという事を公表しました。これにより、深川製磁のブランド価値はグンと跳ねあがりました。

 

また、2019年公開の映画「アルキメデスの大戦」の中でも深川製磁の陶磁器が使われるシーンがあると公式ホームページで公表しています。

歴史的なシーンに色を添える役も担う、貴重な陶磁器を世に送り出しているという事ですね。

 

そんな深川製磁の陶磁器は、超一流料亭や有名レストランで食器として人気を博しています。芸術性の高い深川製磁の陶磁器は料理に華を添えるのにも最適なのでしょう。

そんな深川製磁の素晴らしい花瓶は、家に置いておくだけで急にその空間が格式高いものになったかのように感じられること請け合いです。

 

カインドベアではこのような一級の骨董品、珍しく価値のある美術品も数多く取り揃えております。ご興味ある方は是非足をお運びください。

また、ご自宅に骨董品や美術品が眠っているという方も、ぜひカインドベアにお持ちください。プロの鑑定士がその価値を査定いたします。

吉田美統造 釉裏金彩線文様香炉 買取ました

今回お買取りの釉裏金彩線文様の香炉(共箱、共布、栞付き)は、人間国宝である九谷焼錦山窯三代の吉田美統氏が手掛けた作品です。

吉田美統氏は、石川県小松市高堂町の九谷焼上絵付を専業とする窯元「錦山窯」の三代目で、初代である吉田庄作が明治39年(1906年)に開業して以来脈々と受け継がれている窯の火を絶やす事なく、その伝統的な職人技を現代まで受け継いでいます。美統氏は、金箔の薄箔と厚箔を用いて遠近感を出す「釉裏金彩(ゆうりきんさい)」という手法を得意とし、その繊細な技術は人間国宝に認定されるほどの素晴らしいものです。

 

今回お買取りした釉裏金彩線文様の香炉にも「釉裏金彩」という言葉が入っている通り、金箔の濃淡が奥行きと立体感を感じさせる美しい模様が描かれています。

縦にストライプのように伸びる厚箔と、その間に走る波打つような薄箔が洗練された美しさを演出し、更に香炉そのものの色味も底から蓋に向かい、エメラルドグリーンのような青みがかった緑色から黄色へと柔らかいグラデーションとなっており、全体的にスタイリッシュなデザインとなっています。

底には「美統」の文字がしっかりと刻まれているため、人間国宝である吉田美統氏が手掛けた作品であるという事がひと目で分かります。

 

和を感じさせるデザインでもあり、中国の陶器のようなデザインに感じられる一面もあり、更には西洋のイメージすら彷彿とさせる、そんな不思議な魅力を放つ釉裏金彩線文様の香炉は、和室に置いても洋室に置いてもピッタリと馴染む事でしょう。

 

香炉ですので、お香を立てて香りを楽しむために使われるものですが、ただインテリアとして飾っておくだけでも楽しめる作品です。決して華美になりすぎない存在感で、お部屋のワンポイントとして毎日の生活に彩を添えてくれる事でしょう。

共箱、共布、そして栞も付いているため、普段は箱にしまっておき、大切なお客様が見える際などに共布の上に置いて栞も添えて飾っておけば、いつものお部屋がワンランク上の空間に変わります。

勿論、本来の香炉としてお使いいただくにも最適です。お香を楽しむ際には折角ですので、釉裏金彩線文様の香炉のカラーや模様のイメージ合った爽やかでたおやかな香りを選び、香炉と香りのコラボレーションを視覚と嗅覚で楽しむというのも一興かもしれませんね。

茶席に品格ある存在感を!霰打ち湯沸(銀瓶、銀壺)

大切な客人を招いても受けられる茶席に欠かせないのが、数々の茶道具。「もてなし」の精神で選ばれる茶道具すべてが、茶席に招かれた人をつねに感動させます。茶器とともに茶席で注目を集めるのが、湯沸。よく手入れされた銀瓶はいぶし銀の輝きを放ち、茶席で品格ある存在感を放ちます。

日本の伝統技術でもある霰打ちされた銀瓶の人気は高く、霰型の突起が尖ったものほど価値が高くなる傾向にあります。カインドベアでは、伝統工芸品の銀瓶や銀壺の買取をしています。ぜひ買取査定にお持ちください!

時代物だから使いたい! 平底朱泥急須 #2 水平 「荊渓南孟臣製」 「福記」 中国宜興

中国の茶器は、絶え間なく使い続けることで独特の艶と風合いを生み出します。適度なお湯でお茶を入れることで、時と経過ともに起こってしまうひび割れや色褪せなどの劣化を防ぐことができるといわれています。

「時代物の貴重な急須だから」とコレクションとして単に飾るよりも、貴重な急須だからこそ使い続けることでより価値のある骨董品として評価されることもあります。年代物の価値のある急須で入れるお茶は、味わい深く、格別に感じられるはずです。

【Wallendorfer Porzellan 1764】お部屋の雰囲気をエレガントに変える!ヴァランドルフ フィギュリン バレリーナ

ヨーロッパでもっとも古い磁器ブランドでもあるヴァランドルフをご存知でしょうか?ヴァランドルフは、創立から250年以上もの歴史を誇り、いまも世界中で愛され続けている老舗の陶器ブランドです。

陶器の質もなめらかで美しく、職人の手書きによる着色は繊細で色鮮やか。特に、バレリーナは、舞台で踊る前の息遣いが感じられるほどの精度が高いフィギュリンです。お部屋に一つ飾ってみてはいかがでしょう。いつものお部屋が、一気にエレガントな雰囲気に変わりますよ。

【極上金銀蒔絵】【羊哉作】本鼈甲櫛で和風美人に格上げ!

和ブームとともに再度注目が集まってきている、鼈甲櫛。昔ながらの極上金銀蒔絵を施した本鼈甲櫛には、アンティークのものだけでなく、近年の作家によるものも多数あります。最近では、舞妓姿に魅せられた海外観光客が購入している人気のお土産アイテムになっているんですよ。

鼈甲櫛や笄はそれだけでも気品があるので、きっちりと日本髪にと結わなくても、ルーズシニオンにもピッタリです。夏のシーズンには、浴衣はもちろん、絽や紗の着物と合わせると、涼やかで趣のある古風な和風美人に格上げできるアイテムですよ!

九谷焼の至宝!人間国宝 三代目徳田八十吉(徳田正彦)の花瓶 共箱をお売りください


1988年に三代徳田八十吉を襲名した徳田正彦は、世界的にも知名度が高く、いまもなお日本を代表する現代陶芸家として愛され続けています。

人間国宝でもある三代目徳田八十吉の作品は、ブルーを基調にグリーンやイエローなど混ざり合う独特の色合いが特徴で、宝石のような美しさと上品な存在感が魅力となっています。

三代目徳田八十吉の箱書きされている共箱にも高い価値があります。
花瓶と一緒に箱書きされた共箱もお持ち下さい。

茶道具買取!紹鴎棚 紹鴎好写 組立式をお持ち込みいただきました

茶道にはさまざまな作法がありますが、茶室はその作法の理に適ったつくりとなっています。炉用の紹鴎棚は、「紹鴎袋棚」とも呼ばれています。天板には硯箱や一輪挿、香炉などを飾り、地袋の右側には水指、左側は点前後の柄杓と蓋置となっています。

今回お持ち込みいただきました紹鴎棚(紹鴎好写 組立式)は傷や汚れはありますが、今後もまだ使える棚となっています。茶室には欠かせない紹鴎棚は中古市場でも人気があるため、高価買取となりました。

カインドベアでは、アンティーク茶道具買取も取扱っています。

掛軸買取はカインドベアにご相談下さい!骨董品も取扱っています

古くは鎌倉時代から日本の床の間を飾ってきた掛軸の歴史は古く、日本の歴史に残る名画も数多く存在しています。作家、絵柄、状態によっては、歴史的価値が高く、値段がつかないほどの価値の高い掛軸もあります。

保管していた掛軸をお持ち込みなったところ、想像以上に高価な価値が発見されることも少なくありません。

カインドベアでは、掛軸をはじめ、骨董品各種の査定に自信があります。
ご自宅に眠っている掛軸の買取は、ぜひカインドベアへご相談ください。

古錫製のアンティーク急須◆唐物 楊彭年造 銘 古錫製 玉口摘 紫泥包錫壺

楊彭年の作品は、中国を代表する古美術品としても有名です。特に、中国を代表する名工、楊彭年の急須をコレクションとしても収集している方も多く、中古市場でも高額で取引されています。

今回買取した古錫製の急須には間違いなく「楊彭年造」との銘があり、また珍しい玉口摘 紫泥包錫壺だったため、高額での買取査定となりました。

カインドベアでは、古錫製の楊彭年を高額買取しています。
売却の際は、ぜひ当店をご利用ください。

最高級の中国硯!蓋台付端渓硯(雲竜図)をはじめ、書道道具も取扱いしております

中国広東省端州で掘り出されていた端渓石は、高級中国硯として知られる端渓硯の原石です。現在は、中国政府により採掘が禁止されており、今後値段の高騰が見込まれます。特に、唐から清の時代にかけて採掘された古端渓を使用した硯は珍重されています。

今回お持ち込みいただきました蓋台付端渓硯は、美しい雲竜図が一際目を引く美しい硯です。これまで大切に愛用されてきたことが分かる美品です。

カインドベアでは、高級書道具の買取も取扱っております。
ぜひ当店にお持ちください。

人気の茶道具!炉縁の買取はカインドベアをご利用ください

炉縁(ろぶち)には、木の素地を生かした「木地縁」と漆を塗った「漆縁」の2種類があります。木地縁よりも漆縁のほうが高価で、繊細に描かれた蒔絵や家紋などの細工が施された漆縁の場合は高級伝統工芸品としての価値も高くなります。

炉壇の上にかける炉縁は本来は畳に火気が伝わることを防ぐためのものですが、漆特有の艶のある漆黒の色が和室や茶室などの空間を引き締めるアクセントにもなります。

カインドベアでは、炉縁などの茶道具買取も積極的に行っています。
お使いにならなくなった炉縁を当店にお持ちください。

希少価値が高い!象牙細工置物の買取はお任せください


白乳色の美しい輝きと滑らかな手触りが古くから愛されてきた象牙は、柔らかな印象、吸湿性、加工しやすい硬さが特徴です。その特性を生かして、古くから家具や工芸品、楽器、印鑑などの素材として使われてきました。特に、細密に彫られた象牙細工の置物はインテリアとしても人気が高く、中古市場でも高額で取引されています。

現在は輸入が禁止されているため、今後も象牙の希少価値が高くなっていくでしょう。しかし、象牙は経年劣化が避けられないため、価値が高いうちに査定に出すことが高価買取のコツになります。

象牙細工置物の買取は、ぜひカインドベアで!

銀製品買取

純銀の香炉、茶入、茶托になります。
純銀で出来たお茶道具は大変貴重で、

その昔は、王朝や貴族御用達の道具だったともいわれております。
鉄もしくは、木等が主流だった時代は銀が高級素材として扱われました。

銀製の茶道具、食器等の銀製品は高価買取いたします。

お茶道具一式 買取しました

お茶道具一式 買取しました。

茶入れ、棗、茶碗、建水、鉄瓶等、お茶道具は様々な道具があり、
色々な道具がございますが。作家物であったり、有名な窯元で作られた作品は、
大変高価な値段がするものが多いです。

是非つかわなくなったお茶道具買取ますお持ち下さい。