象牙製品・一本物についての買取|茅ヶ崎のブランド、貴金属、お酒買取専門店

  1. TOP
  2. 象牙製品・一本物の買取について

象牙製品・一本物についての買取について

象牙製品・一本物

象牙製品・一本物について

光沢があり、その縞模様が非常に美しく、時間が経つにつれて飴色のように変化するのが特徴です。象牙は非常に硬いため虫食いに強く、適度な保湿性もあるためひび割れにも強いです。中心部の組織が細かく密度が高いので変形しにくく、素材として使用される部位によっては100年以上の使用に耐えることができます。素材のキメがとても細かく、加工も容易なことから細密な彫刻に適しています。

そのため、大昔から美術工芸品として使われ、ヨーロッパや中国の王朝では、象牙が高級品として珍重されていました。その細工の美しさは古今東西、世界中の人々を魅了してきました。

元々数が少なく、素材の素晴らしさから、多くの美術品に使われていたため希少価値が高かったのですが、ワシントン条約により象牙の国際取引が禁止となったことで、現在はもっと希少価値が高まっています。更には、一本物となると、牙としてそのまま飾ることもでき、加工することもできることから、素材としての価値は上がります。

象牙製品と言って最初に思い浮かべるのは印鑑ではないでしょうか。日本では、公的な書類や契約書などに印鑑は欠かせません。そのため、日本はかつて象牙を一番輸入している国でした。日本での象牙の歴史は奈良時代まで遡ります。印鑑だけではなく、美術工芸品や楽器の部品にまで象牙は使用されており、日本の文化とは切っても切り離せないものです。象牙の美しさはもちろんのこと、その加工のし易さ、適度な弾力・吸湿性があり、象牙製品は非常に巧みな技術で製作されており、その素晴らしさは貴金属とは異なります。また、手入れにもそれほど気をつける必要がありません。

今でも、象牙に勝る印鑑や楽器部品の材料がないと言われています。
現代でも、象牙彫刻は高値で取引されていますが、その大きさ・長さ・重さによって価値が変わり、一本物であればその価値はずっと高くなります。ご処分をご検討中の方は、カインドベアにお問い合わせください。丁寧に査定させていただきます。

※象牙の一本物に関しては、登録票が無い物は買取出来ません。

象牙売買の登録について

1.申請者 自然環境研究センターへ問合せ、相談
詳しくは右のサイトにてご確認ください。 http://www.jwrc.or.jp/cites/index.htm

申請者 申請書類作成、提出

当センター 書類の確認 
(書類の確認後、書類の修正やより鮮明なカラー写真の追加を依頼することがあります。)

当センター 登録票の交付

申請者 登録票を受け取る


カインドベアの出張・宅配買取にお任せ!
〒253-0056
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-10-16
TEL 0467-81-5326
営業時間 10時から19時
古物商許可証:第452670007020号
〒251-0042
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目5-12 
TEL:0466-86-7505
営業時間 10時から19時
古物商許可証:第452670007020号
お酒 買取ならkindbea
店舗画像 〒251-0042
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-10-16
TEL0467-81-5326
営業時間 10時から19時
古物商許可証:
第452670007020号
カインドベア会社概要
ページのトップへ戻る