【ルイ ヴィトン】しなやかな革で上品な雰囲気に仕上がるモノグラム・アンプラント

ルイ ヴィトンのモノグラム・アンプラントはシックな色合いが多く、大人な雰囲気となっています。少し前に堂本剛さんが愛用していたことでも知られているラインです。しなやかな革にシグネチャーがエンボス加工されているので、光の陰影でモノグラムが浮き上がってくるので、“さりげなく”ブランドアピールすることができますよ。

シタディンPM モノグラム・アンプラント M94049は、ほどよいサイズのトートバッグ。少し高めの価格になりますが、デイリーバッグとしても万能なので幅広い年代層から人気を集めています。

手が届くブランド腕時計!ORIS(オリス)の williams F1 デイデイト 自動巻 

計算され尽くしたフォルムの車が高速で走り抜ける、F1レース。観ているだけでも、手に汗を握る緊張感が漂いますよね。実は、レースでF1ドライバーが使用するカーレース用の腕時計モデルは、F1ファンだけでなく、腕時計コレクターも高い関心を寄せています。

限定モデルとなることが多いF1モデルは高価なイメージが強いのですが、オリスのウイリアムズ F1 デイデイトは比較的手が届きやすい価格でリリースされました。現在はプレミアがつくレアモデルとなっていますが、初めてのF1モデルとしておすすめですよ。

丸井限定の希少モデル!OMEGA(オメガ)の“パンダ” スピードマスター オートマチック クロノグラフ

クロノグラフは毎年数多くの腕時計ブランドから登場していますが、時の経過とともに希少モデルとして注目を集めるクロノグラフモデルも少なくありません。

オメガのスピードマスター オートマチック クロノグラフ 3510.21.00は丸井限定モデルとして2000年にリリースされた希少モデルのひとつ。白いダイヤルに黒いインダイヤルが3つ搭載されており、白と黒のコントラストから”パンダ“の愛称で現在も高い人気となっています。保管状態が良い場合は、高額で取引されています。

クラシカルな芸術品!モバードの18K 金無垢 手巻懐中時計 リダン

腕時計が普及する前に紳士の必需品として愛されてきた、手巻懐中時計。初めて18K 金無垢の手巻懐中時計の実物を見た時は、あまりの美しさに感動したことがあります。時に、「リダンされた懐中時計は評価が下がる」と思う方もいますが、モバードのような有名ブランドの作品はリダンされてもその価値はしっかり評価されますよ。

実用性を重視した腕時計とは異なり、その優美さやデザイン性を追求した懐中時計は、まさに「クラシカルな芸術品」と呼べるアイテムではないでしょうか?

【Canon】 憧れの一眼レフカメラ!EOS-1D X Mark II有効約2020万画素35mmフルサイズ

憧れのカメラといえば、やっぱり一眼レフ!近年のカメラブームで、一眼レフカメラの興味を持ったり、魅力にハマった方も多いでしょう。一眼レフのカメラで撮影した画像の美しさや光彩の繊細さは、ミラーレスカメラで撮った画像とは一味違う奥行き感を生み出してくれますよ。

カメラの王道ブランドでもあるCanonのEOS-1D X Mark IIは、EOSシリーズの上位モデルですが、その扱いやすさから初心者からプロまで人気を集めている一眼レフカメラです。

【中国切手】 中華人民郵政発行の中華人民共和国切手はプレミア付

切手コレクションの人気はいまも衰えることができませんが、いま注目されているのが中国切手です。これまでなかなか中国から出ることがなかった色鮮やかな切手は、中国の文化を色濃く映した珍しい芸術品ともいえるでしょう。中華人民共和国は中国の歴史を日本の切手やその他の国々の切手とは異なり、市場に出回っている枚数が少なく、特定の絵柄はプレミア価格で取引されています。

カインドベアでは、市場価格に鑑みた適正な買取査定を行っています。お手元にある中国切手を当店にぜひお持ち込みください!