超美品!万延小判金 た七 3.3gを買取しました

長い江戸期のなかで1860年〜1867年に発行された一両小判は 「万延小判金」とも呼ばれており、7年間の発行枚数は62万枚超にものぼります。素材は金と銀の合金ですが、金の含有率が60%となっています。

今回、日本貨幣商協同組合の鑑定委員会による、貨幣鑑定書付の小判、「万延小判金 た七 3.3g」を買取しました。非常に状態が良い美品だったため、高価買取となりました。小判のコレクションにふさわしい一品です。

小判などの古銭の買取は、ぜひカインドベアをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です