人気の茶道具!炉縁の買取はカインドベアをご利用ください

炉縁(ろぶち)には、木の素地を生かした「木地縁」と漆を塗った「漆縁」の2種類があります。木地縁よりも漆縁のほうが高価で、繊細に描かれた蒔絵や家紋などの細工が施された漆縁の場合は高級伝統工芸品としての価値も高くなります。

炉壇の上にかける炉縁は本来は畳に火気が伝わることを防ぐためのものですが、漆特有の艶のある漆黒の色が和室や茶室などの空間を引き締めるアクセントにもなります。

カインドベアでは、炉縁などの茶道具買取も積極的に行っています。
お使いにならなくなった炉縁を当店にお持ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です